小路の昆虫

昆虫、植物、野鳥、出会い

MENU 友だち追加

ヒグラシ、カナカナとも呼ぶセミ

夕方や朝方に「カナカナ」と鳴くセミ ヒグラシ 学研図鑑によると ヒグラシ セミ科 大きさ ♂32~39mm ♀23~28mm 生息地域 北海道~九州、奄美群島 幼虫のえさ 草や木の根のしる 生息場所 薄暗い林の中にすみ、朝夕に鳴きます。鳴き声は「カナカナ」。

シオカラトンボの目はオスは水色、メスは緑いろ

シオカラトンボの名称の由来は海産物の塩辛昆布からです。 実はハイテク、シオカラトンボの粉 シオカラトンボのオスは老熟すると胸部から腹部前方が灰色の粉に覆われます、この粉紫外線を反射するそうですUVカットで元気に行動していたのですね。 メスは色あ…

鳥の目と昆虫の色の競争

鳥の目はとても良い、それを誤魔化す昆虫の体色、自然の力。 ヒゲナガゴマフカミキリムシ 学研図鑑によると ヒゲナガゴマフカミキリムシ カミキリムシ科 大きさ 11~24 mm 見かける季節 6~9月 生息地域 北海道~九州 幼虫のえさ 広葉樹の枯れ木やたおれた木 …

ブナの木クヌギ、コナラ、ブナなどに集まる昆虫たち

ブナの木とは 作家はブナの木とよく使いますがブナの木のなかまは多く、クリ、クヌギなどの落葉広葉樹と常緑広葉樹の総称である。実は種類わけすると間違える。それで今は総称のブナの木と呼んでます。 なにか昆虫がたくさんいる。8月2日 5:30ごろ たぶん樹…

カブトムシの木、カブトムシおす、カブトムシめす、カブトムシ見つけた。

林を散策中カブトムシの沢山いる木を見つけました。 林を散策していると 道の右側の木に黒い昆虫が沢山いるのが目にとまりました。 ちかづいてみるとカブトムシとカナブンの集団です。 木の上のカブトムシのオス、メスは交尾をしているようにみえました。 樹…

翅の折れたアブラゼミ

アブラゼミ翅が破損してもう飛べない。 クワガタを撮り終えて林から道路に出た 道の脇になにかいる セミだ ジタバタしていて飛び立てないようだ 近づいて見てみる 左の翅が一部失われていた。昆虫を観察しているとこんな場面にも出くわす。「助けてあげたい…

コクワガタが木のうろにいました木登りしてるクワガタもいた

コクワガタがブナの木うろにいました。 朝早く所要があり車でセブンイレブンに行きました。行く途中にこの間ノコギリクワガタを見つけたブナの林によってみました。一番道よりの木のうろを覗くとコクワガタがいました。いくたびにコクワガタがいるので何故な…

ウグイスの糞は高級美容剤、美顔洗顔料

古くから美顔洗顔料やにきび治療薬として人気があります。「ウグイスの粉」として販売されています。 美顔になる ウグイスのアレには豊富にリゾチームなどの加水分解酵素が含まれ顔面に塗布することで角質層が柔らかくなって小皺が取れたり肌のキメが細かく…

クモを狩る蜂、オオモンクロクモバチ、ベッコウバチ、ツマアカグモバチ

クモを狩って巣に運び卵を産み付けるクモバチ科の蜂がいます。 クモバチ科の蜂 活動季節ー6~10月 ・オオモンクロクモバチ 体長ー13~25mm 狩るクモの種類ーイオウイロハシリグモなど ・ベッコウバチ 体長ー16~25mm 狩るクモの種類ーオニグモなど ・ツマアカグ…

家庭菜園、生ごみの利用、有機栽培のお供にシマミミズ。

シマミミズの力で家庭の生ごみを有機肥料に出来ます。 有機肥料で家庭菜園のキュウリ、なすなどが育成出来ます。 シマミミズの力 4月に500匹のミミズコンポストで始め秋には毎日500gの生ごみを処理できたこの時にはミミズは2500匹(1kg)に増えていた。 ミミズ…

シダ科の植物の人気、ジュラシックプランツ

「シダ科の植物」日本では昔から観賞用に栽培されることも多い。 シダ科の植物は 独特の形や葉で皆の目を楽しませて来ました。丈夫で育てやすく空気を綺麗にするエコプランツとしても根強い人気があります。シダ科の観葉植物は種類も多く室内、お庭にあった…

クワガタクワジ物語

クワガタムシについての物語がないか調べてみました。 ありました「クワガタクワジ物語」 クワガタクワジ物語 出版社ー偕成社文庫 著者ー中島みち イラストー太郎 www.kaiseisha.co.jp あらすじ 小学二年生の男の子がクワガタムシを採集し飼育する様子を温か…

8月の花は赤詰草、アカツメクサ、花言葉は「少女の思い出」です。

アカツメクサはデンマークでは「国花」になっています。 アカツメクサ(赤詰草) 花言葉ー少女の思い出 ―多年草 大きさ、高さ―30~60cm 分布ー原産地はヨーロッパ野生化して日本各地に分布 分類―マメ科シャジクソウ属 学名―Trifolium pratense 翅の折れたアブ…

夜、23時ノコギリクワガタがいた。

ブナの林に夜いった。そしたらノコギリクワガタがいました。車だとフェラーリみたいなボディーでカッコイイ。 ノコギリクワガタ クワガタムシ科 ♂26~77mm ♀25~41mm 季節 5~10月 地域 北海道~九州、津島、伊豆諸島 幼虫の餌 くち木 ライフ 低地の雑木林に多…

食べられる花、エディブルフラワー、ダリア、ナデシコなど。

エディブル(Edible)とは「食用に適する」という意味の英語です。 エディブルフラワーとは食べられる花を意味しブロッコリーやカリフラワーなど花蕾の部分を食するもの全てを含みます。 ダリア 4~11月 ・サクサクとした食感で天ぷらなどの熱を加えて調理にも…

玉虫は玉虫アート、玉虫アクセサリーになっています玉虫色は有名。

玉虫の翅は法隆寺の国宝玉虫厨子に使われています。 玉虫は(ヤマトタマムシ) タマムシ科の昆虫で幼虫はエノキ、ケヤキの朽ち木などを食べます。成虫は林や公園のサクラやエノキ、ケヤキなどの葉を食べ木の上の方を飛び回ります。弱っている木に飛んできて…

ヒキガエルを食べることでヤマカガシは第二の毒を得る。

ヤマカガシは奥歯にマムシの三倍の毒を持ち頸部にも毒を持つ。 頸部の毒 ヤマカガシは口腔内の毒牙の他にも首の付け根の部分に頸腺と呼ばれる別種の毒腺を持っています。その首の部分からでる毒は液体として飛ばすことも出来るのです。 この毒は目に入ると最…

バッタ、キリギリス、コオロギなどの仲間は直翅目と呼ばれます。

大きくバッタ亜目とコオロギ亜目に大別され日本には445種が分布している。 大きくバッタ亜目とコオロギ亜目に大別され日本には445種が分布している。 日本のバッタは バッタもん バッタ屋 ばったもん バッタ物の変化 パチモノとの違い 的屋 おさわがせのサバ…

蝶と蛾の違い完璧に見分ける区別方法は存在しない。

蛾と蝶一番近い区別方法は何か。 蛾と蝶一番近い区別方法は何か。 触覚の形の違い 何故くし状 種類多い 触覚の形の違い 蝶は触覚の先が棍棒状だが蛾はくし状または先がとがっている。これが一番完璧に近い区別方法かもしれません。 何故くし状 ちなみにくし…

日本最強の毒ヘビ、ヤマカガシ

毒の強さはマムシの3倍、致死率10%でも性格は臆病。 毒の強さはマムシの3倍、致死率10%でも性格は臆病。 ヤマカガシは 国内最強の毒蛇 溶血毒 ヤマカガチ ジャパンスネークセンター ヤマカガシは 有鱗目ナミヘビ科ヤマカガシ属に分類されるヘビ、有毒。一体…

紫蘇夏バテ解消にシソジュース、シソでアレルギー緩和

シソは肌荒れや整腸、疲労回復に良いと言われています。 シソは肌荒れや整腸、疲労回復に良いと言われています。 紫蘇は 伝説 赤紫蘇 シソジュース 防腐・細菌の増殖抑制・殺虫効果 赤紫蘇ジュースの効果 amazonシソジュース 紫蘇は シソ科シソ属の植物で芳…

桑の木蚕、桑の葉を食べるカイコ

庭の桑の木に突然蚕かと思える虫が大量発生なんの虫か蚕とは。 庭の桑の木に突然蚕かと思える虫が大量発生なんの虫か蚕とは。 アメリカシロヒトリ 蚕とは 桑の木 桑の木 桑の葉通販(お茶) 桑の葉・カルシウム・鉄・亜鉛 桑の実食べれるか 桑のお茶通販amaz…

夏のキャンプ、キャンプの食事、キャンプで食べて危険な毒キノコ

食べてはダメなキノコ「破壊の天使」テッポウダケことドクツルタケ。 食べてはダメなキノコ「破壊の天使」テッポウダケことドクツルタケ。 ドクツルタケ ドクヤマドリ ベニテングダケ まとめ ドクツルタケ ハラタケ目テングタケ科テングタケ属のキノコ。日本…

蛇と蛙のことわざ、昔話、蛇と蛙の夢、蛇と蛙のにらみ合いの意味

蛇がカエルを狙ってるようですがカエルは逃げません膠着状態が続いてますこれはいったいどうしてでしょうか。 蛇がカエルを狙ってるようですがカエルは逃げません膠着状態が続いてますこれはいったいどうしてでしょうか。 蛇と蛙ことわざ 蛇と蛙昔話 蛇と蛙…

蜂に刺されアナフィラキシーショック死の危険

蜂に集団で刺されたり毒性が強かったりすることで国内では年間20人前後の死亡者が発生している。 蜂に集団で刺されたり毒性が強かったりすることで国内では年間20人前後の死亡者が発生している。 蜂に刺されるとアナフィラキシーショックを起こす人がいる。 …

クワガタムシは漢字で鍬形虫、英語はstag beetle危険注意。

人気のクワガタムシ特徴と採取方法、便利なスマホアプリ、類似の毒虫です。 人気のクワガタムシ特徴と採取方法、便利なスマホアプリ、類似の毒虫です。 特徴 寿命 餌 かご マット 採取方法(外灯採取)クワガタは白く光る外灯に飛んでくる 便利なスマホアプ…

ニイニイゼミ セミ科

ニイニイゼミは複眼と前翅の間に平たい突起がある。平地の明るい雑木林、ケヤキ、サクラなどに生息。都市部の緑地でもみられる。 体長(翅端まで)32~40mm

ヒグラシ朝夕に鳴くセミ、カナカナとも呼ぶ。

ヒグラシ セミ科 カナカナカナ・・・と連続した金属音で鳴く。平地から山地に生息、薄暗い森や林を好み夕方や明け方に鳴くが曇って薄暗くなったときにも鳴く。

カマキリは積雪を予測して卵を産む。

カマキリは昆虫綱カマキリ目に分類される昆虫の総称。 前脚が鎌状に変化し他の小動物を捕食する肉食性の昆虫。 カマキリの卵 草むらで見つけたカマキリの卵です。カマキリは卵の状態で冬を過ごします。カマキリの卵は卵鞘というスポンジ状の袋の中に数百個は…

7月の花はユリ、花言葉白色は「純潔」「威厳」です。

花言葉の由来 キリスト教では白いユリが聖母マリアに捧げられた花であることから純潔のシンボルとされます。⇒マドンナリリー 引用⇒ minhana.net 昆虫など クワガタムシが出始めました。身近な天然記念物モリアオガエル再確認です。 ⇓ハグロトンボ カワトンボ…

MENU 友だち追加