昆虫と植物と鳥

昆虫、植物、野鳥、出会い

MENU 友だち追加

昆虫

西洋ミツバチ

今日本にニホンミツバチと西洋ミツバチがいます。 ひまわり いるのはセイヨウミツバチ セイヨウミツバチ ミツバチ科 大きさ 働きバチ 12〜13mm 女王バチ 20mm 見かける季節 3〜11月 生息地 日本全土 幼虫のえさ 花粉とみつのだんご よくみるミツバチで…

高速飛翔スズメガ

幼虫さんアスファルトの上で熱くないのかいスズメガ亜種も含めて種類が多い、成虫の参考にエビガラスズメ分類 チョウ目 スズメガ亜科学名 Agrius convolvuli発生時期 5〜11月分布 北海道〜九州大きさ 開帳80〜105mm食べ物 ヒルガオ科さつまいもなどほんとう…

草原の主トノサマバッタ

トノサマバッタ亜種みごとな忍者ぶり画面中央よりすこし下にじっと動かずにいます。土や枯草と同じ色誰がバッタを塗ったのだろうか。この日は九月なのに朝から日差しが強くチョと歩いただけで汗ばむ日でした。トノサマバッタ学名 Locusta migratoria分類 昆…

アオスジアゲハ

町でよくみかけるアオスジアゲハ アゲハチョウ科 大きさ:55~65mm 見かける季節:4~10月 生息地域:本州以南 幼虫の餌:クスノキ、ゲッケイジュなど 生息場所:はやく飛びます。夏はよく水たまりなどで吸水しています。 参考図鑑 学研の図鑑撮影するときアゲ…

ハチドリいいえオオスカシバ

すごいはばたきだねオオスカシバ オオスカシバ スズメガ科 大きさ:50~70mm 見かける季節:6~9月 生息地:本州以南 幼虫のえさ:クチナシなど 生息場所:昼間、音をたてて飛び回り、花壇の花などからみつをすいます。1秒間に90回羽ばたきをします。

蝶といえばやはりアゲハチョウ

アゲハチョウ畑でよくみかけます。 アゲハチョウ アゲハチョウ科 大きさ:65~90mm 見かける季節:3~11月 生息地域:日本全土 幼虫のエサ:カラタチ、サンショウ、ミカンなど 生息場所:庭先から公園、遊歩道、畑のまわりなどでみられます。

アカボシゴマダラ

オオムラサキとまちがえました。外来種のアカボシゴマダラ図鑑より青い。 アカボシゴマダラ タテハチョウ科 大きさ:70~85mm 見かける季節:3~11月 生息地:奄美群島(最近、移入したものが関東地方などで広がっています) 幼虫のえさ:クワノハエノキ、エノキ …

ミンミンゼミとアブラゼミ

まだミンミンゼミが盛大に鳴いている9月。 ミンミンゼミ 大きさ:29~39mm 見かける季節:7~10月 生息地域:北海道~九州 幼虫のえさ:草や木の根のしる 生息場所:平地から山地にすんでいます。鳴き声はミーンミーン。

コクワガタのフォト(撮りだめしていたもの)

価値観わからないし消すのももったいないしで載せました。 コクワガタの個展

クロアゲハ

水を飲んでいるのかなクロアゲハ 雨上がりです運転中前に黒い蝶が道路に降りています。水を飲んでいるのかな? クロアゲハ写真を撮ろうと近ずくと飛んでいってしまう。ガマン ガマン 待っていると ヒラ ヒラと戻ってきます。 クロアゲハ 学研図鑑によると ク…

「どくとるマンボウ昆虫記」のなかで(薄馬鹿下郎)

ウスバカゲロウは漢字だと薄翅蜉蝣です。 ウスバカゲロウの幼虫は蟻地獄です ウスバカゲロウー学研図鑑によると 大きさ 75~85mm 見かける季節 6~11月 生息地域 日本全土 幼虫の餌 昆虫 生息場所 林やその周辺で見られます。夜行性で、あかりによくきます。 …

コカマキリ

コカマキリがセブンイレブンの壁の雑草にいるのを見つけました。 缶ジュースを買いにコンビニに行きました。いつもは小路の昆虫ですが。なかなか見かけないカマキリです。 カマ(うで)の部分に黒、白のラインがあります。 コカマキリ学研の図鑑によると コ…

コオロギのせんべいが食料不足を救う

子供の頃、アジアアロワナを飼っていて餌にコオロギを与えてました。コオロギを自分が食べる未来が来るとは思いませんでした。 写真はイメージです。 無印良品 2020年5月20日 日本人の昆虫食の意識を変えるかもしれない商品が発売された。無印良品の「コオロ…

最大のカミキリムシはシロスジカミキリ

大きなカミキリムシ見つけたシロスジカミキリ シロスジ、黄色ぽいようなきがします。 ひげ(触角)を引っ張るとギイギイ鳴いてます。カミキリムシの複眼をみるとグラサンをかけてるようです。目付き悪。 学研図鑑によると シロスジカミキリ カミキリムシ科 …

あしながおじさんと呼ばれる虫

クモガタ類に「あしながおじさん」の愛称で呼ばれるザトウムシがいます。 朝07:00頃の林の小路です。蚊が沢山いて指はかゆいはやです。 道の端、枯れ葉のところになにやら細い針金のようなものが動いたような気がします。 わかりずらいです。なかほどの茶色…

スズメバチの女王を殺すスズメバチしかも巣の乗っ取りまでも。

スズメバチも恐れるチャイロスズメバチ twitterで聞いてみた結果 写真を投稿してみました。数日後返信をいただきました。ありがとうございます。 昆虫はチャイロスズメバチ、色合いから危険なものだと認識してましたが、チャイロスズメバチとんでもない蜂で…

ヒグラシ、カナカナとも呼ぶセミ

夕方や朝方に「カナカナ」と鳴くセミ ヒグラシ 学研図鑑によると ヒグラシ セミ科 大きさ ♂32~39mm ♀23~28mm 生息地域 北海道~九州、奄美群島 幼虫のえさ 草や木の根のしる 生息場所 薄暗い林の中にすみ、朝夕に鳴きます。鳴き声は「カナカナ」。

シオカラトンボの目はオスは水色、メスは緑いろ

シオカラトンボの名称の由来は海産物の塩辛昆布からです。 実はハイテク、シオカラトンボの粉 シオカラトンボのオスは老熟すると胸部から腹部前方が灰色の粉に覆われます、この粉紫外線を反射するそうですUVカットで元気に行動していたのですね。 メスは色あ…

鳥の目と昆虫の色の競争

鳥の目はとても良い、それを誤魔化す昆虫の体色、自然の力。 ヒゲナガゴマフカミキリムシ 学研図鑑によると ヒゲナガゴマフカミキリムシ カミキリムシ科 大きさ 11~24 mm 見かける季節 6~9月 生息地域 北海道~九州 幼虫のえさ 広葉樹の枯れ木やたおれた木 …

ブナの木クヌギ、コナラ、ブナなどに集まる昆虫たち

ブナの木とは 作家はブナの木とよく使いますがブナの木のなかまは多く、クリ、クヌギなどの落葉広葉樹と常緑広葉樹の総称である。実は種類わけすると間違える。それで今は総称のブナの木と呼んでます。 なにか昆虫がたくさんいる。8月2日 5:30ごろ たぶん樹…

カブトムシの木、カブトムシおす、カブトムシめす、カブトムシ見つけた。

林を散策中カブトムシの沢山いる木を見つけました。 林を散策していると 道の右側の木に黒い昆虫が沢山いるのが目にとまりました。 ちかづいてみるとカブトムシとカナブンの集団です。 木の上のカブトムシのオス、メスは交尾をしているようにみえました。 樹…

翅の折れたアブラゼミ

アブラゼミ翅が破損してもう飛べない。 クワガタを撮り終えて林から道路に出た 道の脇になにかいる セミだ ジタバタしていて飛び立てないようだ 近づいて見てみる 左の翅が一部失われていた。昆虫を観察しているとこんな場面にも出くわす。「助けてあげたい…

コクワガタが木のうろにいました木登りしてるクワガタもいた

コクワガタがブナの木うろにいました。 朝早く所要があり車でセブンイレブンに行きました。行く途中にこの間ノコギリクワガタを見つけたブナの林によってみました。一番道よりの木のうろを覗くとコクワガタがいました。いくたびにコクワガタがいるので何故な…

クモを狩る蜂、オオモンクロクモバチ、ベッコウバチ、ツマアカグモバチ

クモを狩って巣に運び卵を産み付けるクモバチ科の蜂がいます。 クモバチ科の蜂 活動季節ー6~10月 ・オオモンクロクモバチ 体長ー13~25mm 狩るクモの種類ーイオウイロハシリグモなど ・ベッコウバチ 体長ー16~25mm 狩るクモの種類ーオニグモなど ・ツマアカグ…

クワガタクワジ物語

クワガタムシについての物語がないか調べてみました。 ありました「クワガタクワジ物語」 クワガタクワジ物語 出版社ー偕成社文庫 著者ー中島みち イラストー太郎 www.kaiseisha.co.jp あらすじ 小学二年生の男の子がクワガタムシを採集し飼育する様子を温か…

夜、23時ノコギリクワガタがいた。

ブナの林に夜いった。そしたらノコギリクワガタがいました。車だとフェラーリみたいなボディーでカッコイイ。 ノコギリクワガタ クワガタムシ科 ♂26~77mm ♀25~41mm 季節 5~10月 地域 北海道~九州、津島、伊豆諸島 幼虫の餌 くち木 ライフ 低地の雑木林に多…

玉虫は玉虫アート、玉虫アクセサリーになっています玉虫色は有名。

玉虫の翅は法隆寺の国宝玉虫厨子に使われています。 玉虫は(ヤマトタマムシ) タマムシ科の昆虫で幼虫はエノキ、ケヤキの朽ち木などを食べます。成虫は林や公園のサクラやエノキ、ケヤキなどの葉を食べ木の上の方を飛び回ります。弱っている木に飛んできて…

バッタ、キリギリス、コオロギなどの仲間は直翅目と呼ばれます。

大きくバッタ亜目とコオロギ亜目に大別され日本には445種が分布している。 大きくバッタ亜目とコオロギ亜目に大別され日本には445種が分布している。 日本のバッタは バッタもん バッタ屋 ばったもん バッタ物の変化 パチモノとの違い 的屋 おさわがせのサバ…

蝶と蛾の違い完璧に見分ける区別方法は存在しない。

蛾と蝶一番近い区別方法は何か。 蛾と蝶一番近い区別方法は何か。 触覚の形の違い 何故くし状 種類多い 触覚の形の違い 蝶は触覚の先が棍棒状だが蛾はくし状または先がとがっている。これが一番完璧に近い区別方法かもしれません。 何故くし状 ちなみにくし…

日本最強の毒ヘビ、ヤマカガシ

毒の強さはマムシの3倍、致死率10%でも性格は臆病。 毒の強さはマムシの3倍、致死率10%でも性格は臆病。 ヤマカガシは 国内最強の毒蛇 溶血毒 ヤマカガチ ジャパンスネークセンター ヤマカガシは 有鱗目ナミヘビ科ヤマカガシ属に分類されるヘビ、有毒。一体…

MENU 友だち追加